結婚式ムービー作りも二人の思い出

披露宴で流す、オープニングやエンディングのムービー作り…正直「めんどくさい」が最初の印象でした。
かといって、全て結婚式ムービー業者に頼めばなかなかの費用がかかってしまいます。

式を挙げたのが約6年前だったので、
当時は今のように便利なアプリもありませんでした。

唯一、ムービーを作ることができそうなのは家のパソコン。
重い腰を上げて、挙式費用の節約のために自分たちで一からムービーを作ることに決めました。

ビデオカメラすら持っていなかったので、
コンパクトデジカメの動画モードを使って撮影することにしました。
二人のお気に入りの場所に行き、踊ったり、適当に動いたりして、短い動画をたくさん撮りました。

自宅に帰って編集作業に取り掛かると、見事に分からないことだらけ。
ネットでひたすら検索し、手探りで作業を進めていきました。

その際、無料で動画編集ができる「ムービーメーカー」はとても役立ちました。
音楽を入れ、それに合った動きや踊りの映像を重ねていくと、なかなかそれらしいものが出来ていき、
次第に楽しくなっていきました。

オープニングムービーは、ゲストから笑顔がこぼれるような楽しい雰囲気を目指して、適当なダンスやコミカルな動きに文字を入れて作りました。
外での撮影は周りの目も気になり、撮り始めは恥ずかしさもありましたが、次第に気にならなくなりどんどん動けるようになりました。

二人で「次はこう動いてみよう。」とか、
「あの歌詞のところはこれをかぶせたら面白いんじゃない?」等、
アイディアを出し合うのも楽しかったです。

エンドロールはお世話になった方やゲストの名前などが見やすいように、
自分たちの写真を一枚ずつ文字の横に添えました。
名前だけだとありきたりなので、名前の上に、それぞれ一言コメントを入れました。

これがなかなか好評で、ゲストから笑いが起きたり、
そのコメントを通して、各テーブルで楽しい会話が生まれたりと、大成功でした。

時間や労力はそれなりに必要でしたが、完成した動画を二人で見た時は、思わず拍手するほど、嬉しかったです。
また、実際に披露宴でムービーが流れ、ゲストの反応を間近で見ることができた時は感動しました。

手を掛けたムービーは今も大切にDVDで残し、たまに見返して笑っています。
また、自分の子供が大きくなって、一緒に見るのも面白いかな、と今からワクワクしています。

始めは面倒くさく、やる気がなかなか起きなかったムービー作りでしたが、
今思うと作ってみて本当に良かったです。
作る過程自体が私にとっては大切な思い出の一つです。

-結婚式ムービー制作の体験談・口コミ感想

Copyright© 結婚式ムービー安い業者おすすめ【16社コスパ比較】 , 2022 All Rights Reserved.